MENU

各科案内 形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、顔を正面に向けた時にまぶたが瞳孔の上まで充分に上げられない状態のことです。
片側の場合も両側の場合もあります。

瞼が下がると、徐々に視野が狭くなり、視力が低下し、日常生活に不便が生じます。
さらに肩こり、頭痛、めまいなどの原因にもなる可能性があります。このような場合は、手術による治療が必要です。
当院形成外科では、瞼の下がりの原因となっている眼瞼挙筋腱膜のゆるみを止め直す手術を行っています。