病院案内

患者さんが住み慣れた地域の中で安心して療養生活を送るためには、医療機関、保健福祉施設、訪問看護、居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)など地域の関係者が互いにその役割を分担し、より円滑に連携を取ることが必要です。地域医療連携室では当院と地域との懸け橋となるよう相談、支援を行っています。

地域医療連携
医療機関、施設、訪問看護、ケアマネージャーの問い合わせの窓口として、様々なご相談をお受けしています。
<ケアマネージャーの皆さんへ>
介護サービスを利用されている患者さんが入院した際には、ケアマネージャーの皆さんと情報共有を行い、患者さんの治療、療養、退院支援に役立ていきたいと考えています。
地域の共通様式【ダウンロード】(事業所独自の様式でも構いません)を連携室に持参していただき、顔の見える連携をしましょう。
退院する際には、必要に応じて地域の関係機関の皆さんに来院していただきカンファレンス等を開催し、患者さんが安心して在宅生活を送れるよう退院支援を行っていきます。

◎患者さん相談窓口(医療福祉相談)
治療を受けたり療養生活を送るうえで患者さんやご家族が抱える不安や心配事についてご相談をお受けしています。
たとえば・・・
○ベッドや車イスなどは、どうやったら準備するの?
○病気のこといろいろ説明してもらったけど、よくわからない。
○通院や入院で医療費がどれぐらいかかるか心配。入院費の支払いが大変。
○介護が必要になってしまったけど、どうしたらいいかわからない。
○施設ってどうやってさがせばいいの?
○セカンドオピニオンについて。
○病院やスタッフへの要望。
○病院の誰に相談すればいいのかわからない。

まずは専任の相談員がお話を伺い、内容に応じて院内のスタッフや地域の関係機関と連絡調整をさせていただきます。 
相談は無料です。また、相談でお伺いした内容について、秘密は厳守します。
お気軽にご相談ください。

相談場所:地域医療連携室 患者さん相談窓口
受付時間:月~金曜日/9時~17時
     土曜日/9時~12時
※事前に予約していただくと(TEL82-2474)お待たせする時間が少なくなります。


療養病棟の入院申し込み
当院の療養病棟は、地域在住の方で慢性的に医学管理と介護が必要な患者さんの受け入れをしています。地域医療連携室では療養病棟の入院の申し込みをお受けしています。申し込みには、下記の書類が必要になります。

①入院申込書【ダウンロード】
②現在かかっている医療機関の紹介状(診療情報提供書)
③病状報告書【ダウンロード】
(かかっている医療機関の看護情報提供書でも構いません)

書類が準備できましたら、地域医療連携室(TEL:82-2474)にご連絡ください。担当者が面談をさせていただきます。
ご不明の点はお気軽にご相談ください。

施設基準

基本診療料
一般病棟入院基本料区分A(7対1)
療養病棟入院基本料1
療養環境加算・療養病棟療養環境加算1・妊産婦緊急搬送入院加算・診療録管理体制加算
重症皮膚潰瘍管理加算・栄養管理実施加算・縟瘡患者管理加算・ハイリスク妊娠管理加算
退院調整加算・後期高齢者総合評価加算・後期高齢者退院調整加算・短期滞在手術基本料1
医師事務作業補助体制加算・感染防止対策加算2・データ提出加算
特掲診察料
ニコチン依存症管理料・ハイリスク妊娠婦共同指導料(Ⅰ)・CT撮影及びMRI撮影・薬剤管理指導料
麻酔管理料・在宅時医学総合管理料・検体検査管理加算(Ⅰ)・輸血管理料(Ⅱ)
脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅱ)・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)・靭帯断裂形成手術等(区分2に分類される手術)
人工関節置換術(その他区分に分類される手術)がん治療連携指導料・HPV核酸検出
コンタクトレンズ検査料1・入院時食事療養(Ⅰ)
特定介護療養型医療施設の届出
指定居宅サービス(訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション)の届出

50周年記念誌へ投稿のお願い

穂高病院は本年1月をもって開設50周年をむかえ、
これまでの経験を記念誌として作成することになりました。
そこで患者さんから50周年に寄せた生の声を頂戴し、
記念誌に掲載することになりました。
穂高病院にお越しになっている方ならどなたでも投稿できます。

ホームページのメールフォームからお送りください。
抽選で記念誌で紹介させていただきます。
また、抽選にもれた投稿もホームページなどで紹介させていただきます。
ご不明な点はお近くの職員にお問い合わせください。
皆さんの投稿をお待ちしています

募集要項

応募期間
5月2日(月)〜6月15日(水)
発表
年内に発行予定の50周年記念誌かホームページ上に掲載
応募方法
メールフォームからお送りください


50周年記念誌へ投稿のお願い

穂高病院は本年1月をもって開設50周年をむかえ、
これまでの経過を記念誌として作成します。

そこで患者さんから50周年に寄せた生の声を頂戴し、
記念誌に掲載することになりました。
穂高病院にお越しになっている方ならどなたでも投稿できます。

投稿は抽選で記念誌へ紹介させていただきます。

昔の病院の思い出や、今の当院への思いなどなど、何でも結構です。たくさんの投稿をお待ちしております。
なお、抽選にもれた投稿はホームページなどで紹介させていただきます。


応募はこちら


募集要項

応募期間
5月2日(月)〜6月15日(水)
発表
年内に発行予定の50周年記念誌かホームページ上に掲載
応募方法
メールフォームからお送りください

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
皆さんの投稿をお待ちしております。

〜平成28年10月より「地域包括ケア病床」を新設〜
地域包括ケア病床のご案内

地域包括ケアとは?
●急性期治療が終了し、症状が安定したが継続的に在宅復帰を目的として治療・看護・ リハビリ等を行い安心して退院できるよう支援を行う事を主な目的とした 「在宅復帰支援のための病室」です。

●在宅復帰をスムーズに行うために「在宅復帰支援計画」に基づいて、主治医、看護師、 専従リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者(医療ソーシャルワーカー)が協力して、 患者さんのリハビリや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。
●当院の地域包括ケア病床は2階病棟の一部20床(4人部屋16床・2人部屋4床)
となります。
どんな場合に入院するの?
●主に次のような患者さんが対象です。
 ①入院治療により状態は改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方
 ②入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
 ③在宅での療養準備が必要な方
 ※状態に応じ入院期間は異なりますが、60日が限度となります。
●地域包括ケア病床への直接の入院、一般病床からの転床を主治医が判断して、患者 さんやご家族の方へ説明させていただきます。ご了承いただいた後、地域包括ケア 病床へ移動し継続的に治療を行います。
入院費用はどうなるの?

●地域包括ケア病床では、一般病床とは異なり入院費は定額になり一部を除く注射、 投薬、処置、検査及びレントゲン等のほとんどの費用が含まれます。 詳しくは医事課職員にお尋ねください。
●なお後期高齢者(75 歳以上)の方は月の医療費の負担上限が定められていますので、自己負担の上限額は変わりません。

地域包括ケア病床についてのお間い合わせや ご相談は地域医療連携室までお尋ね下さい。

ピックアップコンテンツ

  • 地域医療県警室
  • 医療機器の紹介
  • 地域包括ケア病床
  • 穂高病院 病院指標
  • 広報ページ
  • 採用情報

病院案内

医療法人仁雄会 穂高病院
〒399-8303
長野県安曇野市穂高4634
TEL.0263-82-2474
人間ドック直通
TEL.0263-81-1011
診療時間
午前9:00~12:30
午後15:30~18:00
(受付終了 17:30)
休診日
日曜、祝日、木曜・土曜の午後
穂高病院外観
  • お問合わせ
  • リンク集
  • 松本地域 出産・子育て安心ネットワーク協議会事務局
  • キッズISOプログラム