病院案内

個人情報の利用目的に関するご案内

当院では患者さんの個人情報の保護に万全の体制を採っています。

当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。なお、疑問などがございましたら担当窓口にお問い合わせください。

穂高病院 院長

当院での患者さんの個人情報の利用目的は
1.院内での利用
1.患者さんに提供する医療サービス
2.医療保険事務
3.入退院等の病棟管理
4.会計・経理
5.医療事故等の報告
6.当該患者さんへの医療サービスの向上
7.院内医療実習への協力
8.医療の質の向上を目的とした院内症例研究
9.その他、患者さんに係る管理運営業務
2.院外への情報提供としての利用
1.他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
2.他の医療機関等からの照会への回答
3.患者さんの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
4.検体検査業務等の業務委託
5.ご家族等への病状説明
6.保険事務の委託
7.審査支払機関へのレセプトの提供
8.審査支払機関または保険者からの照会への回答
9.事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
10.医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
11.その他、患者さんへの医療保険事務に関する利用
3.その他の利用
1.医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
2.外部監査機関への情報提供
  • 上記のうち、他の医療機関等への情報提供については同意しがたい事項がある場合には、その旨を相談窓口までお申し出ください。
  • お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

基本方針


穂高病院院長 古屋直行

穂高病院は昭和41年1月ベッド数24床で開院しました。以後、「人権を尊重し、思いやりの心をもち、良質な医療、看護、介護の提供を通して地域社会に貢献する」を基本理念にして、地域に根付く基幹病院として地域医療を推進して参りました。現在の病床数は127床であり、安曇野市内において唯一、お産に対応している病院でもあります。

当院の目指すものは、患者さんを中心とした医療の提供です。このために、医師や看護師をはじめとする職員全員が個々のスキルアップ、職員相互間の連携を通じて、良い医療の提供をするように努力していきます。

穂高病院の創立者である古川仁一郎先生が作成され、新病院になった現在でも職員玄関に掲げられている教訓を下記に示します。この「六つの心」を大切に、温かく、心安らかに医療を受けられる病院として職員一同が刻苦勉励いたします。

  • おはようと云う 明るい心
  • はいと云える 素直な心
  • すみませんと云う 反省の心
  • 私がやりますと云う 積極的な心
  • ありがとうと云う 感謝の心
  • おかげさまでと云う 謙虚な心

昭和41年1月 現在地に穂高病院開設(診療科内科、産婦人科、外科 病床数24床)
病院長 古川仁一郎 副院長 古屋大雄 事務長 古川宣子
昭和48年9月 3階及び東側を増築しエレベータを設置 病床数33床となる。
昭和49年4月 事務長 吉元毅 就任
昭和53年2月 病院長 古屋大雄 就任
昭和55年12月 東側増築工事完了 病床数55床となる
昭和63年3月 救急病院の指定を受ける
昭和64年1月 医療法人 仁雄会 穂高病院となる 整形外科開設
理事長 古川仁一郎 常務理事 古屋大雄 理事 古川穣、吉元毅、古川厚 
平成2年1月 病院長 古川穣 就任
平成4年7月 人間ドック棟完成 病床数67床
平成5年4月 眼科・形成外科開設
平成11年7月 理事長 古屋大雄 就任 病院長 古川厚 就任
平成12年1月 麻酔科開設
平成12年4月 介護保険スタート 訪問介護、在宅療養管理指導の指定
平成13年4月 労災保険二次健診等給付医療機関の指定
平成14年10月 病院全面改築に伴い病床数101床となる 一般病棟50床 療養病棟51床(介護保険6床)
平成14年11月 介護療養型施設の指定 介護保険指定在宅サービス事業者の指定
平成15年10月 透析業務(病棟)開始
平成17年12月 人間ドック 健康管理センターとして独立(組織変更)健康管理センター長 古屋直行
平成18年4月 禁煙外来開設 ・ 地域連携室開設
平成18年6月 人間ドック機能評価(Ver1.0) 認定取得
平成18年7月 日本病院機能評価(Ver5.0) 認定取得
平成19年2月 指定在宅サービス(訪問リハ、介護予防訪問リハ)事業所の指定
平成19年4月 アレルギー外来開設
平成20年3月 会長 古屋大雄 就任 理事長 古川穣 就任 
平成21年5月 新型インフルエンザ対策として、発熱外来の整備(旧ドック棟)  エコアクション21認証登録 
平成21年10月 新型インフルエンザ対策として 第7回 穂高病院祭 中止
産科病床の療養環境整備(2床室を1床に変更)、228号室、230号室新設
平成21年12月 開設許可事項の変更許可認可 (9床増)
平成22年4月 組織変更により、健康管理センターが病院組織内に統合
理事長 古川 穣 医師会理事永年勤務により功労表彰
平成22年8月 指定自立支援医療機関の指定
平成22年9月 相澤病院と病病連携 (がん治療) 
平成23年7月 院長 古屋 直行 就任 副理事長 古川 厚 就任
平成26年2月 レディース病棟 開設 26床増床 127床となる
平成26年4月 増改修工事 竣工

患者さんの権利宣言

私たちは患者さんの人権を尊重し、患者さん中心の医療を推進するため、ここに「患者さんの権利宣言」を定め、これを守り患者さんの意思と希望を尊重した医療を行なってまいります。

1.自由な選択・自己決定の権利
患者さんはだれもが自らの意思で病院や医師を選び、治療方法を選択する権利があります。
2.十分な説明を受ける権利
患者さん自身の医療について十分な説明を受け、それをもとに適切な治療を受ける権利があります。
3.尊厳性への権利
患者さんは人格(人間の尊厳)を尊重された医療を受ける権利があります。
4.秘密保持に関する権利
患者さんはご自身の健康状態ならびに個人情報やプライバシーが守られる権利があります。
5.良質の医療を受ける権利
患者さんは誰もが差別されることなく、平等に適切な治療を受ける権利があります。
6.情報を知る権利
患者さんはカルテに記載されたご自身に関する情報の開示を求めたり、関連法規や病院の諸規則などを知る権利があります。

これらの権利を擁護するために、患者さんには主体的に診療に参加・協力していただくとともに、院内では通常の社会生活では生じない制約を受けざるを得ない等の義務が生じることもご理解頂くようお願いいたします。

新・医者にかかる10箇条

~あなががいのちの主人公・からだの責任者~

1.伝えたいことはメモして準備
2.対話の始まりは挨拶から
3.よりよい関係づくりはあなたにも責任が
4.自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
5.これからの見通しを聞きましょう
6.その後も変化を伝える努力を
7.大事なことはメモをとって確認
8.納得できないときは何度でも質問を
9.医療にも不確実なことや限界がある
10.治療方法を決めるのはあなたです

ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

ピックアップコンテンツ

  • 地域医療県警室
  • 医療機器の紹介
  • 地域包括ケア病床
  • 穂高病院 病院指標
  • 採用情報

病院案内

医療法人仁雄会 穂高病院
〒399-8303
長野県安曇野市穂高4634
TEL.0263-82-2474
人間ドック直通
TEL.0263-81-1011
診療時間
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00
産婦人科
午前9:00~12:30
午後15:30〜17:30
休診日
日曜、祝日、木曜・土曜の午後
穂高病院外観
  • お問合わせ
  • リンク集