病院案内

病院沿革

昭和41年1月 現在地に穂高病院開設(診療科内科、産婦人科、外科 病床数24床)
病院長 古川仁一郎 副院長 古屋大雄 事務長 古川宣子
昭和48年9月 3階及び東側を増築しエレベータを設置 病床数33床となる。
昭和49年4月 事務長 吉元毅 就任
昭和53年2月 病院長 古屋大雄 就任
昭和55年12月 東側増築工事完了 病床数55床となる
昭和63年3月 救急病院の指定を受ける
昭和64年1月 医療法人 仁雄会 穂高病院となる 整形外科開設
理事長 古川仁一郎 常務理事 古屋大雄 理事 古川穣、吉元毅、古川厚 
平成2年1月 病院長 古川穣 就任
平成4年7月 人間ドック棟完成 病床数67床
平成5年4月 眼科・形成外科開設
平成11年7月 理事長 古屋大雄 就任 病院長 古川厚 就任
平成12年1月 麻酔科開設
平成12年4月 介護保険スタート 訪問介護、在宅療養管理指導の指定
平成13年4月 労災保険二次健診等給付医療機関の指定
平成14年10月 病院全面改築に伴い病床数101床となる 一般病棟50床 療養病棟51床(介護保険6床)
平成14年11月 介護療養型施設の指定 介護保険指定在宅サービス事業者の指定
平成15年10月 透析業務(病棟)開始
平成17年12月 人間ドック 健康管理センターとして独立(組織変更)健康管理センター長 古屋直行
平成18年4月 禁煙外来開設 ・ 地域連携室開設
平成18年6月 人間ドック機能評価(Ver1.0) 認定取得
平成18年7月 日本病院機能評価(Ver5.0) 認定取得
平成19年2月 指定在宅サービス(訪問リハ、介護予防訪問リハ)事業所の指定
平成19年4月 アレルギー外来開設
平成20年3月 会長 古屋大雄 就任 理事長 古川穣 就任 
平成21年5月 新型インフルエンザ対策として、発熱外来の整備(旧ドック棟)  エコアクション21認証登録 
平成21年10月 新型インフルエンザ対策として 第7回 穂高病院祭 中止
産科病床の療養環境整備(2床室を1床に変更)、228号室、230号室新設
平成21年12月 開設許可事項の変更許可認可 (9床増)
平成22年4月 組織変更により、健康管理センターが病院組織内に統合
理事長 古川 穣 医師会理事永年勤務により功労表彰
平成22年8月 指定自立支援医療機関の指定
平成22年9月 相澤病院と病病連携 (がん治療) 
平成23年7月 院長 古屋 直行 就任 副理事長 古川 厚 就任
平成26年2月 レディース病棟 開設 26床増床 127床となる
平成26年4月 増改修工事 竣工

施設基準

基本診療料
一般病棟入院基本料区分A(7対1)
療養病棟入院基本料1
療養環境加算・療養病棟療養環境加算1・妊産婦緊急搬送入院加算・診療録管理体制加算
重症皮膚潰瘍管理加算・栄養管理実施加算・縟瘡患者管理加算・ハイリスク妊娠管理加算
退院調整加算・後期高齢者総合評価加算・後期高齢者退院調整加算・短期滞在手術基本料1
医師事務作業補助体制加算・感染防止対策加算2・データ提出加算
特掲診察料
ニコチン依存症管理料・ハイリスク妊娠婦共同指導料(Ⅰ)・CT撮影及びMRI撮影・薬剤管理指導料
麻酔管理料・在宅時医学総合管理料・検体検査管理加算(Ⅰ)・輸血管理料(Ⅱ)
脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅱ)・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)・靭帯断裂形成手術等(区分2に分類される手術)
人工関節置換術(その他区分に分類される手術)がん治療連携指導料・HPV核酸検出
コンタクトレンズ検査料1・入院時食事療養(Ⅰ)
特定介護療養型医療施設の届出
指定居宅サービス(訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション)の届出

ピックアップコンテンツ

  • 地域医療県警室
  • 医療機器の紹介
  • 地域包括ケア病床
  • 穂高病院 病院指標
  • 採用情報

病院案内

医療法人仁雄会 穂高病院
〒399-8303
長野県安曇野市穂高4634
TEL.0263-82-2474
人間ドック直通
TEL.0263-81-1011
診療時間
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00
産婦人科
午前9:00~12:30
午後15:30〜17:30
休診日
日曜、祝日、木曜・土曜の午後
穂高病院外観
  • お問合わせ
  • リンク集