平成27年度 医療法人 仁雄会 穂高病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 43 21 95 172 101 127 244 327 421 191
高齢化の時代で、60歳以上の患者さんの割合が全体の68%、70歳以上の患者さんの割合が54%であり入院患者さんの約2人に1人が70歳以上の患者さんです。但し、今回の値はDPCデータ(患者さんの病名と診療行為等の組み合わせにより分類された保険請求方法)を使用している為、お産(正常分娩等の自由診療)の患者さんのデータは含まれていません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病_なし 117 3.02 2.76 0.00 68.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 74 29.81 21.69 0.00 88.03
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置等1_あり 55 2.00 2.07 0.00 51.27
生活習慣病をはじめ内科全般を診療しています。第1位は「大腸ポリープ」の患者さんで内科全体の14.13%を占めています。第2位は年齢階級別でも示しましたように高齢者が多いため「誤嚥性肺炎」となっており内科全体の8.94%を占めています。第3位は「睡眠時無呼吸症候群」となっており、内科全体の6.64%を占めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳腺の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置等2_なし 18 7.56 6.79 0.00 58.44
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病_なし 16 4.69 5.14 0.00 70.88
090010xx01x0xx 乳腺の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 処置等2_なし 14 10.93 11.63 0.00 68.29
乳腺、甲状腺を中心に外科全般を診療しています。第1位と第3位は「乳がん(第1位と第3位は手術の術式の違い)」の患者さんで外科全体の36.36%を占めています。第2位は鼠形ヘルニアの患者さんで外科全体の18.18%を占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病_なし 58 23.74 21.52 1.72 82.21
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 36 40.50 28.70 0.00 85.86
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 処置等2_なし 32 24.34 18.91 3.13 84.19
脊椎系疾患、大腿骨頸部骨折を中心に整形外科全般を診療しています。第1位は腰椎・胸椎の圧迫骨折の患者さんで整形外科全体の15.06%を占めています。第2位は大腿骨頸部骨折の患者さんで手術をされた患者さんで整形外科全体の9.35%を占めています。第3位は胸腰椎圧迫骨折の患者さんで整形外科全体の8.31%を占めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置等2_なし 92 2.12 3.54 0.00 60.75
- - - - - - -
- - - - - - -
眼瞼下垂症の患者さんです。第1位は「眼瞼下垂症」の患者さんで形成外科全体の82.88%を占めています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 52 8.94 9.94 0.00 32.33
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置等2_なし 38 15.39 20.87 13.16 30.32
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 29 7.10 12.23 0.00 29.41
長野県中信地区の安曇野地域で産婦人科医療を担っています。第1位は「既往帝切妊娠などの2回目以降の帝王切開術を施行された患者さん」で産婦人科全体の16.51%を占めています。第2位は「切迫早産などの患者さん」で婦人科全体の11.75%を占めています。第3位は「妊娠悪阻などの患者さん」となっており、産婦人科全体の9.21%を占めています。(※注意※ 正常分娩等は、自由診療の為、DPC請求(患者さんの病名と診療行為等の組み合わせにより分類された保険請求方法)ではない為、上記データには含まれません)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 13 - - - - - 1 6
肺癌 - - - 18 - - 1 6
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院の外科で実施しています「乳がん」の患者が多く、早期がんが多いのが特徴で、「肺がん」の患者さんは、終末期の患者さんが多いのが特徴です。(注意)患者数が10件未満のものは、個人情報の特定が懸念されるため公表しません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 13 26.54 75.85
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
年齢が高齢化するごとに重症化する傾向にあります。(注意)患者数が10件未満のものは、個人情報の特定が懸念されるため公表しません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 22 28.95 84.59 4.55
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の患者さんが22名で、平均在院日数は28.95日で平均年齢は84.59歳と高齢です。また転院率は全退院患者の4.55%となっています。(注意)患者数が10件未満のものは、個人情報の特定が懸念されるため公表しません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) 136 0.12 2.07 0.00 68.90
- - - - - - -
- - - - - - -
診断群分類別患者数でも示したとおり、第1位は消化器系疾患の「大腸ポリープ」の患者さんで「内視鏡的大腸ポリープ切除術」を施行し、2泊3日の入院となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わないもの) 19 1.00 5.53 0.00 58.00
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 17 0.94 2.76 0.00 70.41
- - - - - - -
診断群分類別患者数でも示したとおり、当院の外科の第1位は「乳がん」の患者さんで「乳腺悪性腫瘍手術」を施行しています。第2位は「鼠形ヘルニア」の患者さん「ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)」となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 30 2.47 31.10 0.00 78.53
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 29 3.79 41.00 0.00 85.72
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(肩,股,膝) 23 1.57 7.83 0.00 67.96
当院の整形外科の第1位は「変形性膝関節症」の患者さんで「人工関節置換術(膝)」を施行し、術後リハビリを実施し約1ヶ月間の入院で。第2位は「大腿骨頸部骨折」の患者さんで「骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,上腕)」を施行し、平均年齢は85歳と高齢です。第3位は第1位と同様に「膝関節滑膜ひだ障害」の患者さんで「関節鏡下関節滑膜切除術(膝)」を施行しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法) 88 0.00 1.03 0.00 60.73
- - - - - - -
- - - - - - -
診断群分類別患者数でも示したとおり、第1位は「眼瞼下垂症」の患者さんです。「眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法)」を施行し、1泊2日の入院となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択切開) 50 2.54 6.72 0.00 33.00
K8981 帝王切開術(緊急切開) 25 1.32 7.36 0.00 30.96
K867 子宮頸部(腟部)切除術 19 0.00 1.00 0.00 37.63
第1位と第2位は、お産患者さんのうち、異常分娩(健康保険扱い)で、「胎児心音異常」や「既往帝切妊娠」などで「帝王切開術(選択切開)と帝王切開術(緊急切開)」となった母体の手術です。第3位は「子宮頸がん前癌状態である子宮頸部上皮内癌など」の患者さんが施行する「子宮頸部(膣部)切除術」となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
(注意)症例数が10件未満のものは、個人情報の特定が懸念されるため公表しません。
更新履歴
2016.9.26
第1版を公開する。